So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

風よ吹け [徒然]

あと132日で大会、あと12日で聖火リレーが始まる
年末から我家のリビングの壁は、

   P3142553.JPG
   P3142554.JPG

1964年の東京、68年メキシコシティー、72年ミュンヘン、76年モントリオール
当時のポスターで、オリンピックイヤーを盛り上げてます
メキシコの古代模様もお国らしい、カナダの国旗デザインの赤とサトウカエデが綺麗
東京オリンピックのこのポスターは、初めて写真が使われて、
スタートダッシュの緊張感とスピード感が素晴らしい!

どうか、大きな風が悪いウィルスを吹き飛ばして
オリンピック・パラリンピックが無事に開催されますように!


nice!(0)  コメント(0) 

豆やら

節分、立春が過ぎました。
この冬の寒さはそもそも、どこへ?日が長くなりました。嬉しいこと!

節目ですから、鰯は食べなかったけれど、豆まきはしました
外廊下から、カラスと鳩の朝食になるかと「鬼は外」
歳の数は、2日に分けて食べて、残ったお豆
そうそう、サラダにトッピングしてみよう、「粗びききな粉」の代わりに
  265_1.jpg
近くのイオンにあったのだけど、先日行ったら無かった。他では見かけない
お気に入りなのに、在庫切れか、もう置かないのか、どっちだろう?
ヨーグルトやアイスクリームのトッピングに香ばしくて美味しいんです

戻って、大豆。はい、美味しかった、サラダに違った食感と香ばしさ
残りものではなく、常備しようかと思いました。
煮豆は好きでないから、普通に食べるのに身体に良さそう、、

  VAIO - WIN_20200208_092712.JPG

豆は薄味付きのものが、ポリポリ食べやすくて好き
グラノラはこれに限ります、ココナッツが入っていないから
ほとんどのグラノラにはココナッツが入ってて、あの甘ったるい匂いが苦手
「甘くて美味しい」は私の「舌辞書」にはございません
柚子ジャムも買ったのに柚子果汁を加えて自分好みの酸っぱさにしたり、
自分の美味しいものを、試してます



nice!(0)  コメント(0) 

年賀状2020 [文化]

年始に届いたときに、まず一巡目を通して、
次に、コメントをちゃんと読み込んで、さらに住所の変更などないかと見て、
そして落ち着いて、もう一度、仕舞う前にゆっくり眺めます

素敵なデザイン、かわいい写真、いつもの独自の表現、
個性のある賀状、もらって嬉しい
せっかくなので、少しお披露目。ジャンル別で

   元気の出る、ニコッとできる部門代表2つ
  子1.jpg

   シンプルな分、噛めば噛むほど美味しくなる  
  子2.jpg
 
   デザイン部門から2つ  
   上:俵の右肩にイラストネズミが手を振ってます
   下:冬の赤、美しい。クリスマス定番の赤と緑、お正月もいい
  子3.jpg

たくさん素敵な賀状を頂戴しました。文字だけの力強いものもありました。
 (アップするの適切なレイアウトのものからのエントリー)
私にとってハガキや手紙は、もらって嬉しいプレゼントです




nice!(0)  コメント(0) 

新年へ引継ぎ [文化]

2020注連飾り.jpg


一夜飾りはダメ、29日は語呂が悪く、本来は30日も大晦日の内だから、
28日が望ましいとされる正月飾り。一昨日縄に仕立て、昨日ドアへ飾りました
令和2年西暦2020年、2が続く歳、ペアのイメージからハートです[揺れるハート]
あたたかい心でいられる年でありますように!愛いっぱいの年になりますように

何故?一夜飾りが行けないか。余裕をもって、ということだと聞いていました。
それより大事なのが、31日では神様はもう素通りされているかも、なのでした
新しい年の神様は、そのお家で申送りがあるため、31日中に来られるそうです
知らなかった~、素通りされては大変!必ずお寄りください

   * * * * * * * *
  
リビングカウンターには、白木の一対のネズミ。
道後温泉にある伊予雛屋さん(現在はオフィシャルショップ花心)の南雲木彫り。
お雛様など節句の人形、うさぎの楽隊、可愛く素敵な人形たちがある中、
私を魅了したのが、この白木のペアネズミ。なんともシンプル、そして愛らしい
一回り前の子年、社員旅行の夕食前プラリ散策で、出会った。

   木彫り子.JPG

次に平成27年の未年、同じく社員旅行でも、同じ白木ヒツジに無事会えました
このお店の主役人形たちと違う端役かもしれない、でも
また、次に行ったときにも出会えますよう、南雲さんお願いしますね

   * * * * * * * *

おまけは、前にも紹介した西国25番「播州清水寺」は薬師堂の毘羯羅(びから)大将
十二神将の鼠像は美少年です。薮内佐斗司さんの像たちはユニークで魅力的

   PA171804 (2).JPG

薬師如来さんだけでなく、どうか、私たちもお守りください


nice!(0)  コメント(0) 

バターベル [かわいい]

アメリカから帰郷土産にもらいました、バターベル
こちらではまだ馴染みがない。蓋の内側に、柔らかく塗りやすくしたバターを入れる
身のほうに水を張って、空気に触れず密閉、常温保存できる容器です。
なーるほど、面白い、いいアイデアですね
フランス生まれらしいですが、日本でも夏以外は使えそうです

  VAIO - WIN_20191123_183351.JPG

きれいなブルー、見ていて楽しいように、雪模様を描いてみした
バターを冷やしてくれそうでしょう

  VAIO - WIN_20191206_130357 (2).JPG

つたない絵だけれど、可愛くなった、と思ってます


nice!(0)  コメント(0) 

壷阪寺・岡寺 [文化]

なんて、良い天気!いつもは遠い気がしてた明日香が近くに
西国観音札所は六番七番へ、交通不便だから車です

30年前、我家のお茶のお稽古に来られていて、今は大分在住の懐かしい方、
ちょうどこちらに遊びにいらして、一緒に姉と3人
彼女の町内に生家のある福沢諭吉の話など聞きつつ、、

  PB152580 (2).JPG
 
壷阪寺は、お里沢市の霊験記で眼病封じで有名です
もっと小さなお寺かと思っていたら、山の中ですが広い境内
昭和の終わりに出来た、大きな石造の観音様20mが目をひきます
上の写真の座像は、平成19年、10m。もう一つ大石像、涅槃像のどれもがインド由来
お寺が、インドハンセン病救済事業を行っているご縁だそうです
1300年続くお寺が、今もこうした活動を行っていること、心打たれます

  PB152566 (2).JPG
左の三重塔の前に、木の大きな眼鏡、見えますか?
潜るとご利益があるとのこと、もちろんくぐり抜けました

北上して岡寺へ、明日香の岡寺。有名なのに初めてです
こちらは日本最初のやくよけ霊場、とあります
広くない山の谷あいにあり、境内はキュッと身を固めた様子に思えました

  PB152583 (2).JPG
  PB152600 (2).JPG

厄除けの、龍玉願い珠。中の紙にお願いを書いて、蓋をする
吊るしても持ち帰ってもいいそうです。なんとも愛らしい
  PB152592 (2).JPG

そもそも悪さをする龍を池に閉じ込めて蓋をしたのに由来する
「龍蓋寺」がこちらの正式名。

どちらも高い位置で、奈良盆地や二上山など、眺めが素晴らしい
花の季節にまた訪れたい、明日香でした


nice!(0)  コメント(0) 

追伸 [徒然]

アップの忘れ物です。
こんなの、ありました。石山寺の「くぐり岩」パワースポットとやら
右から入って、左へ抜けます。岩の上は大きな樹も、

PB092589 (3).JPG

パワースポットでなくったて、子供心をくすぐられる。中へ

PB092591 (2).JPG

思った以上に低くて、しゃがんで通りましたよ。濡れてたら滑りそう~
身長が高くて体の固い人は、這って通るつもりで、どうぞ!


nice!(0)  コメント(0) 

岩間寺・石山寺 [文化]

秋晴れ!、さあ、出かけましょう!
滋賀大津と宇治の境目、岩間寺。西国第十二番札所
バスの便が少ない山寺、最寄りバス停から徒歩50分とガイドブックにありました
歩くのはいとわないけれど、バスの本数があまりに少ない。車で行きました

緑の中を上がって行って、小じんまりした境内です
それでも、こんな山の中に、これだけの信仰の場があるとは、

PB092583 (2).JPG

ぼけ封じ、雷よけの寺、とあります。後者の謂れは、
伽藍を造っている時に、雷が何度も落ちるので、大師が雷神を捕まえて訊けば
大師様の弟子になりたくて、困らせていた、と。そこで、
今後は雷で災いを起こさないよう約束させて、弟子にしたそう。
やれやれ、好きな子をいじめる、小さな男の子のような雷神くん、かわいい
雷神は大きな銀杏の下の祠に祀られています

       PB092577 (2).JPG

ここまで来たなら、石山寺にも参りましょう。車なら15分くらい
紫式部が源氏物語を書いたところ、瀬田の流れの美しい月見台、
名の由来の大きな石塊、など有名な、こちら西国十三番札所です

PB092594 (2).JPG

岩盤の上に建つ本堂は「懸造り」
有名どころでは、清水寺の大舞台。崖に高々と組上げられた造りです
岩にへばり付くように造られた、鳥取三朝の投入堂もそうです
どれもカッコイイ建築ですね~

PB092600 (2).JPG

御本尊の如意輪観音さまは、33年に一度の御開帳で最近は3年前、あと30年?!
ですが、新天皇即位の翌年、ということは来年、御開帳されます。
3月18日から6月30日まで、生涯で会うことの出来る最後のチャンスとなりそうです

  PB092608 (2).JPG

多宝塔はその姿、整って美しい
建物というよりオブジェのようだと、見とれてしまいます
先週の土曜日、だったのの、団体も入ってなくて、ゆっくりできました

nice!(0)  コメント(0) 

金丸座 [旅空]

讃岐旅で一番、うわぁ素敵~、だったのは、琴平の芝居小屋「金丸座」
耐震補強工事をして、今も現役

P9172486 (2).JPG

今年春の大歌舞伎ではお江戸から、中村勘九郎、七之助、扇雀さんなど、15日間の興業
「創業時から田舎芝居ではなく、常に上方や江戸の芝居をかけていた」と、
ボランティアガイドさんの自慢。詳しく分かりやすい説明、有難うございました

  中は驚きの大空間、2階正面席から
  P9172509 (2).JPG

  2階席と入口方向。右手の花道が客席と近いのも、いい。
  P9172494 (2).JPG

  P9172487 (2).JPG
  右2階席は、雅子様も座られたとのこと、どの席からも舞台がよく見える
  1階桟敷席も舞台に向かって傾斜していて、見えやすく造られている
  客席の天井は竹格子、客席に花吹雪や雪が降るのは、世界でもここだけ!
  ここで芝居見物、してみたい

  P9172500 (2).JPG
  舞台裏の楽屋も、素敵な空間でした

  P9172504 (2).JPG
  いわゆる、奈落。人力での回り舞台や、せり上がりの仕掛けも見もの

金比羅さんに行って、ここに寄らないなんて、それはナイ
ほんとに、満足。素敵なところ。是非是非、お立ち寄りくださいませ~



nice!(0)  コメント(0) 

金刀比羅さん [旅空]

夏のように暑い日でした
讃岐2泊3日の旅の2日目、金刀比羅さんへ
丸亀からはJRで25分ほど、琴平駅はかわいらしい
P9172427 (2).JPG

こんぴら?ことひら?その元は琴平神社、仏教が混じって金刀比羅宮だそうです
本宮まで785段、とにかく階段で有名。一気の上りでなく、踊り場というか
平らな足休め?が要所に配置されてて、いつの間にか着いちゃいます

    大門365段までは、参道にお店がぎっしり
    P9172433 (2).JPG

桜馬場には、かわい神馬、白馬が2頭。いっぱい写真撮られてた
その向かいに、誰もカメラ、スマホ?を向けないこの子
     P9172436 (2).JPG
  由緒など表示がなくて、アフリカ象とだけ。この山は、民謡にもあるように、
  「回れば 四国は讃州 那珂のごおり 象頭山(ぞうずさん)、、」 
  にちなんでかな~、など思いつつ、ハイいい子ね~、パシャッ

 P9172453 (2).JPG
檜皮葺のご本宮、斜め後ろから見ると、屋根の形が複雑
     P9172470 (2).JPG

さてと、奥社への人は少なささそう、緑が多そう、では行きましょう
さらに583段、ガイドブックにはさらに30分とあります
静かな山道と階段、天狗脚では20分ほどで到着
若い白人男性が2人、ベンチで休憩中でした
P9172459 (2).JPG
  気持い~い、高~い、平野に讃岐特有の三角の山がポコポコ
      P9172463 (2).JPG

 回っての下り道にお参りする、旭社で。こんな4本足の灯篭発見、ムム、
    P9172479 (2).JPG
 そして、見上げると社殿の屋根裏の凝った装飾が目を惹きます
    P9172484 (2).JPG
 灯篭の屋根の裏にも、飾り彫があるのは、写真を見て気がついた
 職人さんたちが、腕を競い合ったんですかね~

金刀比羅さんは海上安全の神様、人生の航海の無事を絵馬に祈願しました
   P9172474 (2).JPG
 こんぴらふねふね~、追い手に 帆かけて シュラシュシュシュ~[ムード]
 と、いきたいものです


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -